量り

夏みかんが店頭に並ぶ時期(5月前後)になると思うのが

「そろそろ夏にむけて体重を何とかしなきゃなぁ・・・」

と毎年ブルーな気持ちになるのは私だけではないはず!

体形管理で気になるの事の1つに、食べ物に含まれる糖質ではないでしょうか?

夏本番にむけて5~6月頃までには糖質制限も行っていきたいのですが、ちょうどその頃に夏みかんが店頭に並び始めます。

糖質制限する方にとって、夏みかんの糖質も気になりますよね?

そこで今回は夏みかんに含まれる糖質についてご紹介していきます。

スポンサーリンク

夏みかんに含まれる糖質の量は?

お腹をおさえる女性

早速気になる夏みかんに含まれる糖質量をご紹介します。

夏みかん100gあたりの糖質量=8.8g入っています。

いろんな食べ物に含まれる糖質量について詳しい方は、夏みかんの糖質量がわりと少ないことが分かると思います。

もちろんもっと糖質量の少ない果物もありますが、全体を比べた時に夏みかんの糖質量は少ない部類に入ると思います。

ではその他の良く食べる果物をいくつかピックアップして比較してみましょう。

他の果物との糖質量比較

夏みかんの糖質量と他の果物を比較します。(全て100g中の数値です)

  • バナナ:約21g
  • ブドウ:約15g
  • りんご:約13g
  • 温州みかん:約11g
  • 梨:約10g

ダイエットの定番ともいえるバナナやりんごよりも夏みかんの糖質量は少ないのですね。

驚くことに、冬によく食べられるみかんよりも糖質が低いのですね。

とは言えこの温州みかんの糖質も低い方に入るので安心してください。

関連記事:みかんの炭水化物量はどのくらい?糖質との違いも簡単に解説します

では次に夏みかんよりも少ない果物は

  • アボカド:0.9g
  • いちご:7.1g
  • パパイヤ:7.3g

アボカドの糖質量がダントツで低いように見えますが、カロリーが他の果物よりも高めなので注意が必要です。

この中で言えば、いちごがよく食べる果物ではないでしょうか?

この結果から見て分かる通り、夏みかんの糖質量は果物全体を見ても低めだと分かります。

ちなみに日本人の主食であるごはんの糖質は100gあたり37gです。

やはり夏みかんの糖質量は少ないと言えますね。

さらに夏みかんにはダイエットをサポートするあの成分が!

体重計

上記の説明の通り夏みかんには糖質制限の強い味方なのが分かりました。

ですが、糖質制限だけではなくある成分がダイエットをさらにサポートしてくれるのです!

その成分はナリンギンと言います!

と言ってもよく分からないと思いますので簡単に説明します。

ダイエットをサポート!ナリンギンとは?

このナリンギンとは、夏みかんに含まれる苦味成分に含まれています。

夏みかんは酸味だけではなく苦味も感じますよね?

あの苦味の中にナリンギンが含まれています。

このナリンギンには摂取すると食欲をおさえる効果が期待できます。

なので夏みかんを食べることで、余計な食欲がなくなり摂取カロリーがおさえられると言う分けです。

ついつい間食をしたくなったら、夏みかんを食べると効果的ですね。

このナリンギンにはその他さまざまなメリットがあります。

それについてもう少し詳しく説明している記事がありますので合わせてご覧ください。

関連記事:夏みかんが凄く苦い!!あの苦味成分の正体とは?体に良い効果も!?

糖質制限として夏みかんを食べる際の注意点

この様に夏みかんは低糖質であり、食欲までおさえてくれるダイエットする方にとって非常に効果的な果物と言えます。

ですが、いくらダイエットに良いと言っても注意することがあります。

まずは夏みかんの食べ過ぎです。

いくら低糖質だからと言っても食べ過ぎてしまっては、その分糖質も摂取していることになります。

夏みかんは大きいので、1回で食べきらずにできるだけ数回に分けて食べましょう。

次に砂糖などで食べやすくすることです。

糖質制限をしていない方は、酸味や苦みをおさえおいしく食べるために砂糖やはちみつを使う事はありです。

ですが糖質制限中の方がこれをやってしまっては、せっかく夏みかんが低糖質なのに意味がなくなってしまいます。

酸味をおさえたいのであれば果肉に重曹をつけると酸味が和らぎます。

なので酸味が苦手な方は重曹をつけて食べましょう。

関連記事:夏みかんに重曹をつける?この組み合わせで驚きの変化が!?

夏みかんの糖質量は驚きの低さ!?気になるその量とは?まとめ

糖質制限中の方には気になる夏みかんの糖質量は気になるところですね。

そして夏みかんの糖質量は

夏みかん100gあたり約8,8gの糖質量が含まれています。

これは他の果物よりも比較的少ない部類でバナナやりんご、そして同じみかんの仲間で温州みかんよりも低いです。

さらに夏みかんの苦味成分に含まれているナリンギンが食欲をおさえる効果があるので、ダイエットに最適な果物と言えます。

夏にむけて体形を気にされる方は、間食を夏みかんに変えてみてはいかがでしょうか。