大量の夏みかん

夏みかんが出回る季節になると

「どこから仕入れたの!?」

と驚くほどの量の夏みかんを、ご家族またはご近所さんから頂いたなんて経験はありませんか?

せっかくのご厚意なので断るわけにもいかず受け取ってしまうのですが、量が量なのでなかなか消費しきれないなんて事も・・・

「どうにかして夏みかんを大量に消費する方法はないのかな?」

と、困っている方のために今回は夏みかんを簡単に効率よく大量消費するための方法をご紹介していきます。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

夏みかんを大量消費する方法

1個や2個の夏みかんなら何とかなるかもしれませんが、数十個単位で夏みかんがあるとその消費の仕方にも悩みます。

「捨てるのももったいないし・・・やっぱり食べるしかない!」

「でも夏みかんって酸っぱくてなかなか食べられない・・・」

と、食べて大量消費すると決めたけれど、その酸味に苦戦する方も多いですよね。

それでは夏みかんを簡単でおいしく、そして効率のいい大量消費の方法を3つご紹介していきます。

シンプルに夏みかんを砂糖に漬ける

タッパー

「酸っぱければ甘くすればいいじゃない」

はい、確かにその通りですね。

一番簡単でシンプル、なおかつ夏みかんを大量消費するにはにもってこいの方法が

夏みかんを砂糖に漬ける方法です。

やり方はとても簡単で、

  1. 夏みかんの皮をむく(果肉だけにする)
  2. タッパーに皮をむいた夏みかんを入れる
  3. 夏みかんに砂糖をかけて冷蔵庫に保存

たったこれだけで、酸っぱくて食べにくかった夏みかんを甘くし食べやすくできます。

夏みかんが甘くなったことで、ついついたくさん食べてしまうかもしれませんね。

これがおいしいと感じれば、あとは大量に作って消費してしまいましょう。

砂糖をかけてすぐに食べてもいいのですが、1日くらい保存しておくと夏みかんに砂糖の甘みがよりしみ込みます。

砂糖の代わりにはちみつでも代用できます。

夏みかんをジュースにして大量消費

みかんの水分

続いての大量消費する案は

夏みかんを絞ってジュースにする方法です。

夏みかんをそのまま食べるよりも、ジュースにすることであまり抵抗なく消費できます。

夏みかんの果汁を1個1個絞るので、まとまった量の果汁にするには結構な夏みかんの量が必要になり大量消費にはもってこいの方法ですよ。

だた、夏みかんを砂糖に漬ける方法よりも「絞る」手間が増えますので、少しめんどくさくなります。

とは言え、先ほども言ったように大量消費にむいている方法なのでやってみる価値は十分にあります。

手順も簡単で

  1. みかんを横半分に切る
  2. 絞り器で果汁を絞っていく
  3. 果汁をコップに入れて完成

味付けは砂糖やはちみつ、ガムシロップなどでも良いですね。

果汁の絞り器がない方はペットボトルで作れますので、作る場合は下の動画を参考にしてみてください。

いろんな果物や野菜ジュースに挑戦したい方はスロージューサーを持っていると便利です。

キレイに果汁と搾りかすを分けてくれるので飲みやすいジュースにしてくれます。

>>スロージューサーを探す<<

ヨーグルトや牛乳に入れて大量消費

みかん入りヨーグルト

最後に3つ目の方法として

ヨーグルトや牛乳に夏みかんを入れて一緒に食べる方法です。

上記2つの方法と比べると夏みかん以外の食べ物も一緒にして食べるので、大量消費の効率は少し悪くなります。

ですが一緒に食べる人数が増えれば意外と大量に夏みかんを使うので、この方法も大量消費には有効な方法です。

この方法もとても簡単で

  1. 夏みかんの皮をむく(薄皮もむいて果肉だけにする)
  2. ヨーグルトまたは牛乳に入れて一緒に食べる

これだけです(笑)

ヨーグルトの味や牛乳の味があるので特に味付けはいらないかもしれませんが、甘さが欲しければやっぱり砂糖やはちみつ、練乳を入れるのもアリですよ。

好みの味付けにしてみましょう。

どうしてもネックなのが皮をむく作業

夏みかんを食べる場合どうしても必要になる作業として「皮をむく」作業が必要になります。

外皮だけでも硬くて大変なのに、薄皮もむかなければとてもじゃないけど食べられませんよね。

それが大量消費となればうんざりしてくる方もいるかもしれません・・・

そこで少しでも夏みかんの皮を楽にむく方法を2つご紹介します。

夏みかんの皮むき方法その1

夏みかんの皮むきを楽にする方法1つ目は、包丁を使って果肉を取り出す方法です。

  1. 夏みかんの上下1~2cmあたりを皮ごと真横に切り落とす
  2. 外皮を中身の薄皮ごとりんごの皮むきのようにむいていく
  3. あとは果肉をポロポロ取り出していく

このように初めから大量に夏みかんの皮をむいておくと、あとが楽なのでオススメの方法です。

夏みかんの皮むき方法その2

次の皮むき方法は柑橘類の皮むき器「ムッキーちゃん」を使う方法です。

包丁を使わないのでお子様でも比較的安全に夏みかんの皮をむくことができます。(ですが、お子様が使う場合は保護者の方がしっかり見ておきましょう)

皮をむくことが楽しくなるので、進んでお手伝いするかもしれませんよ(笑)

包丁が苦手な方もこのムッキーちゃんならキレイに夏みかんの皮をむくことができます。

【普通郵便送料無料】ムッキーちゃん ムッキー むっきー オレンジ みかん はっさく 夏みかん 甘夏 伊予かん ハッサク カッター 皮むき 皮むき器 クリハラワールド メール便

価格:490円
(2018/3/15 23:13時点)
感想(17件)

夏みかんを効率よく大量消費する3つの方法とは!?まとめ

今回は夏みかんを効率よく大量消費する方法をご紹介しました。

何か目的があって自ら大量に夏みかんを購入したのならいいのですが、突然の頂き物の場合は少々困ってしまう事もありますよね。

夏みかんは好き嫌いが激しい果物でもありますから、なかなか減らないなんてことも・・・

そこで今回ご紹介した、簡単でおいしく、そして効率のいい大量消費の方法は

  • 夏みかんをタッパーで砂糖(はちみつ)に漬ける
  • 夏みかんをジュースにする
  • ヨーグルトや牛乳に入れる

これらの方法が簡単でしかも効率よく大量消費する方法ではないでしょうか。

他にも方法はありますが、ジャムやマーマレードにしたり、ケーキのトッピングにしたりと手間がかかったり効率があまりよくなかったりします。

なので、できるだけ夏みかんをダイレクトに食べられる3つの方法が大量消費にむいていると考えます。

今回の記事を参考にして大量消費の参考にしていただけたのでしたら幸いです。