冷蔵庫の野菜室

みかんを買ってきた後、すぐに食べきる方であれば特に気にすることもないと思います。

ですが、箱ごと大量に買って来たので食べきるまでに時間がかかる!

なんて方はみかんを腐らせないための保存方法が気になりますよね。

「食べ物を保存するなら冷蔵庫!」と思っている方も

「でもみかんは果物だし、野菜室でも良いのかな?」

そんな疑問を持つ方も多いかと思います。

そこで今回は、みかんを冷蔵庫の野菜室で保存するのは良いのかどうかをご紹介していきます。

スポンサーリンク

みかんを野菜室で保存してもいいの?

疑問

食べ物の保存=冷蔵庫と思っている方はとても多いかと思います。

みかんは果物だけど野菜室で保存しても良いの?と言う疑問には

みかんは野菜室で保存しても大丈夫だけど、季節によっては出来るだけ常温保存をオススメします。

かなり説明不足なのでこれからもう少し詳しく説明していきます。

みかんを野菜室で保存する場合の注意点

注意

みかんは野菜室で保存しても問題はないです。

ですが、いくつか注意点がありますので野菜室で保存する場合は目を通しておきましょう。

注意点1:乾燥に気を付ける

冷蔵庫や野菜室は常に乾燥状態にあります。

野菜室のような乾燥状態でみかんを保存しておくと、みかんのみずみずしさがどんどん失われていきます。

湿気の多い場所での保管はカビの原因になるのですが、乾燥しすぎたところでの保存も注意が必要ですね。

もし野菜室で保存する場合はみかんの乾燥を防ぐ対策が必要です。

みかんを新聞紙などに包んだ後、更にビニールやポリ袋などに入れておくと乾燥の進行を遅らせることができます。

注意点2:甘みが減り酸味が強くなる場合も

上記の説明の通り乾燥と同時に、みかんの甘みも減っていく事もあります。

甘みが減るだけならまだしも、酸味が増えて酸っぱくなることも!

みかんを美味しいまま食べたいのでしたら、出来るだけ早めに召しあがることをオススメします。

注意点3:傷んだものは保存しない

これはどこで保存しても言える事なのですが、

傷んだみかんを他の物と一緒に保存しないでください。

傷んでいるみかん、特にカビが生えているようなみかんを野菜室に保存していると、最悪の場合他の野菜や果物までその痛みが移る事もあります。

野菜室で保存する場合は必ず1つ1つ傷んでないかをチェックしましょう。

みかんを野菜室で保存した方がいい場合

みかんを野菜室で保存するデメリットばかり紹介していきましたが、場合によっては野菜室で保存した方がいい場合があります。

それは、気温が高い時です。

みかんの保存に最適な温度は5~10℃くらいと言われていますので、夏場の気温が高くなる場合は野菜室での保存が最適になります。

気温が高い場合は上記で説明した通り注意点に気を付けながら保存しましょう。

みかんのシーズンはやっぱり常温保存

みかんは出来るだけ常温保存が良いですが、みかんが美味しくなる季節は秋冬です。

結局野菜室とあまり変わらない気温になってくる時期でもありますので、野菜室での保存にあまりメリットはありません。

常温保存する場合は直射日光の当たらない、風通しの良い場所を選んで保存しましょう。

下の関連記事に常温保存についてもう少し詳しく説明していますので合わせてこちらもどうぞ

関連記事:みかんの最適な3つの保管場所や最適な温度とは?

みかんを野菜室で保存する場合の3つの注意点まとめ

みかんを野菜室で保存していいのかどうか迷っているアナタに、今回のお話をまとめると

保存しても大丈夫だけど3つの注意点がありましたね。

その注意点は

  1. 乾燥に気を付ける
  2. 甘みが減り酸味が強くなる場合もあり
  3. 傷んだものは保存しない

この3つの注意点を守れば野菜室でも長持ちして保存することができます。

ですが、夏場の気温の高い季節を除いて出来るだけ常温での保存を心がけましょう。