みかんの等級階級

みかんを購入するとき、実際にみかんの見た目を見て購入する方は多いかと思います。

ですが味までは分からないですし、箱に入っているみかんはほとんどの場合テープが貼られていて見ることはできませんよね?

そんな時に目安として見るべきポイントは、箱の側面などに記載されている「等級」や「階級」です。

しかしチェックするポイントとは言え、その等級や階級意味を知らなければどれがいい物なのか分かりません。

なので今回は、みかんのランクやグレートを知るための等級や階級の意味をご紹介していきます。

スポンサーリンク

みかんの等級や階級の意味を知る

みかんが入っている箱などの側面を見てもらえれば大体記載されていると思いますが、等級・階級などが書いてあるかと思います。

等級では「秀」や「優」そして階級では「S」や「M」などが印字されている場合がほとんどです。

これの意味として簡単に説明すると

  • 等級=見た目や味のランク付け
  • 階級=大きさ分け

と思ってもらっても問題はないです。

これで等級や階級の意味が分かったとしても、「秀」や「優」などどちらがランクが上なのか分からなければ意味がありませんね。

なので、そちらの説明もしていきます。

等級のランクやグレード

「秀」や「優」など等級の部分に記載されている文字があると思います。

これの意味を知っていることで、そのみかんがどのくらい見た目や味がいいのかの目安が分かります。

ランク別に順位をつけると一般的には

  1. 良または〇
  2. 無印(何も書いていない)

と、このような等級に分かれていることがほとんどです。

そしてもう一つ分かれるポイントとして

赤で書かれているか青で書かれているかでも等級が分かれます。

赤>青で等級が分かれているのです。

なので例として挙げると、「青の秀」よりも「赤の秀」の方が等級としては上になります。

等級は産地や品種でバラつきがあるので注意

これらの等級は全国で厳しくチェックポイントが設けられているわけではなく、各産地でバラバラだったりします。

例えば、ある産地では「無印」だったのに別の産地の「秀」よりも味が良かったと言う事もあり得ます。

味に関してはその方の好みもありますので何とも言えない部分もありますが、あくまで等級に記載されている文字を過度に信頼せずにあくまで目安としておく方が良いでしょう。

ですが産地が同じであれば基準も統一されているので、その産地どうしで等級を比べるのは有効な方法と言えます。

階級分けの意味

等級に関しては少々ややこしい部分もあったかと思いますが、この階級は皆さんなじみがあって分かりやすいと思います。

それもそのはず、この階級の意味はサイズ別と言う意味だからです。

これは分かりやすくて、みかんの大きさに分かれて「S」「M」「L」などで階級が分かれています。

「S」の方が小さく「L」の方が大きいと言う認識でOKです。

コチラの階級も等級と同様、産地によって基準が異なるので産地が違う物どうしを比べる場合には注意が必要です。

産地によっては階級がSなのに思ったより大きい、またはLなのに思ったよりも小さいという事もあり得ます。

同じ産地どうしで比べる場合に目安として見るようにしましょう。

みかん選びは等級「秀」で階級「S」がベスト?

箱に入ったみかん

みかんは一般的に小さい物の方が味が凝縮されていて美味しいと言われています。

良い物を選びたいのであれば等級は「秀」を選べばいいのですが、もしサイズに迷うようでしたら、一般的に言われているサイズの小さい物を選んでみてはいかがでしょうか?

  • 「L」よりも「M」
  • 「M」よりも「S」

と言う風になるべく小さい階級の物を選ぶという事です。

ただし品種にもよりますが、小さすぎるものは酸味も強くなることがあるので基準は「S」か「M」位がベストかもしれません。

なので等級は「赤色の秀」階級は「S(場合によってはM)」を選ぶことで、より味の良いみかんを選ぶことができます。

ですが、これも品種や産地、そして時期によってもバラつきがある可能性も高いので、目安として覚えておきましょう。

薄味のみかんが好きな方は大きめのサイズを選ぶと良いかもしれません。

みかんの等級や階級って一体なんなの?まとめ

みかんを選ぶときに参考としてとても重要な意味を持つ等級や階級

その意味を知っておくことで、購入する前の参考にとても役に立ちます。

  • 等級は味や見た目のランク付け
  • 階級はみかんのサイズ分け

等級に記載されている文字でランクが分かれており、一般的に

秀>優>良または〇>無印(何も書いていない)の順でランク分けされています。

さらに書かれている色でもランクが分かれており赤>青の順で分かれています。

階級はそのままサイズとして見ることができます。

一般的にS<M<Lの順番で大きくなっていきます。

今回ご紹介した等級や階級の意味を駆使し、中身が見れない箱に入っているみかんを選ぶときの参考にしていただけたのでしたら幸いです。