みかんの収穫

冬になるとこたつにみかん、と言うイメージが強いため「みかんは冬だけのもの?」なんて思っている方も多いかもしれませんね。

ですが、みかんの収穫時期は何も冬だけではないのです。

収穫時期の違いによって甘さや酸味色の違いが出てくるのです。

なので今回は私たちが普段食べている温州みかんの収穫時期についてご紹介していきます。

スポンサーリンク

温州みかんの収穫時期はいつから?

みかんを食べる時期は冬のイメージが強いので、収穫時期は冬あたり?

なんて思っている方もいるかもしれませんが、みかんの品種によって収穫時期は結構幅広くあります。

緑色をしたみかんを見たことはありませんか?

あれもは極早生(ごくわせ)又は早生(わせ)と言うちゃんとしたみかんの品種なんですね。

収穫時期によってそのような品種として出荷されます。

それではそれぞれの収穫時期を見ていきましょう。

品種ごとの収穫時期

  • 極早生(ごくわせ)品種:9月~10月頃
  • 早生(わせ)品種:11月~12月頃
  • 中手(なかて)品種:12月頃
  • 晩生(おくて)品種:12月~3月頃

それぞれの品種によって9月頃から3月頃までの収穫時期があります。

ただし地域やその年の気候の変動により、収穫時期は前後しますので上記の収穫時期はあくまで参考程度にしてください。

基本的に収穫時期が遅くなるほどみかんに甘みが増すとされています。

なので極早生⇒早生⇒中手⇒晩生の順番に甘さが増してきます。

酸味のあるみかんが好きな方は極早生や早生などの収穫時期見計らってみかんを買いましょう。

関連記事:すっぱいみかん好きにはたまらない極早生品種とは?

シーズン以外はみかんが食べられないの?

みかんは季節ものの果物なので、上記の収穫時期が終わればしばらくみかんが食べられないと思われがちですが、実はそうではありません。

ハウスみかんと言うハウス内で栽培されるみかんのおかげで年中みかんが食べられます。

そのハウスみかんの収穫時期は5月~9月頃とされています。

場合によっては4月頃から収穫されるところもあるようです。

このハウスみかんのおかげで、ほぼ年中みかんが食べられるという訳ですね。

ただしこのハウスみかんは、生産に手間ひまがかかるようで価格は高めになっています。

ですがハウス内で栽培されている為、外敵や天候による影響が受けにくくきれいな状態で育っていきます。

なのでこのハウスみかんは贈答品として買われる方も多いのだとか。

おまけ:なぜ全部晩生で収穫しないの?

収穫時期によって甘さが変わることを説明しましたが、なぜ甘い晩生で全てのみかんを収穫しないのでしょうか?

酸っぱいみかんよりも甘いみかんの方が売れそうですよね?

実はこれにもちゃんとした訳があります。

その訳とは、みかんを遅くまで実らせておくと木に負担がかかり次の収穫量が激減すると言われています。

なので木の負担を出来るだけ下げてあげるために9月頃の収穫時期になれば順次収穫していくのですね。

収穫するのは外敵や環境の影響を受けやすい木の外側から収穫して、比較的安全な内側の方が晩生として収穫されるようです。

酸味のあるみかんが出回るのはこのような理由からですね。

もちろん極早生や早生など酸味のあるみかんが好きな方の為でもありますよ。

みかんの収穫時期はいつからいつまで?まとめ

今回ご紹介したようにみかんの品種によって収穫時期が変わってきます。

  • 極早生(ごくわせ)品種:9月~10月頃
  • 早生(わせ)品種:11月~12月頃
  • 中手(なかて)品種:12月頃
  • 晩生(おくて)品種:12月~3月頃
  • ハウスみかん:5月~9月頃

とそれぞれ収穫時期が異なります。

アナタがどの品種が好きですか?

酸味の強いみかんが好きか、甘いみかんが好きかで収穫時期をチェックしてみてはいかがでしょうか。

みかん購入するのであれば通販の専門店が色んな種類が見れてオススメです。

愛媛みかん専門店/のま果樹園なら色んな種類のみかんが見れて楽しいですよ。