すす病と言う植物に起こる病気をご存知ですか?

私たちが普段食べているみかんは出荷されるまで徹底的に品質管理されているので知らない方も多いかと思います。

しかし農家の方や家庭菜園を楽しんでいる方の悩みの1つにすす病と言う植物の病気があります。

みかんだけの病気ではないのですが、このすす病とはいったい何なのか、どんな対策をしていけばいいのかをご紹介していきます。

農家の方はベテランなので対策はバッチリですが、家庭菜園でみかんを栽培しようとしている方の参考になれば幸いです。

もちろん食べるだけの方も「こんな苦労があるんだぁ」と知ってもらえるだけでも、農家の方の苦労が少しでも理解できる事でしょう。

スポンサーリンク

そもそもすす病っていったい何なの?

みかんだけに限らずすす病という病気はありとあらゆる植物にできる病気です。

すす病の「すす」と言う名前から想像できる黒い斑点状の模様がまるですすを被ったように発症してしまう病気です。

この黒い斑点のような模様が全体に広がってしまうと、植物の成長に重要な光合成を邪魔してしまい、

  • 植物の成長が遅れる
  • 見た目が悪くなる
  • 最悪枯れてしまう

などの影響が出てきてしまいます。

すす病がおこる原因とは?

このすす病の起こる原因は、すす病菌と言うカビが植物に付着する事から始まります。

そのすす病菌が徐々に繁殖していく事で黒いすす状の模様が出てきます。

更にすす病菌は害虫の排泄物などを餌としていて、主に

  • カイガラムシ
  • アブラムシ
  • コナジラミ

と言った害虫がすす病菌の餌となる排泄物などを出しています。

本当にやっかいですね・・・

すす病の対策とは?

すす病の対策には、まず予防から始めます。

予防にはすす病菌の餌を出している害虫対策をすることが効果的です。

育てている植物に適した殺虫剤などを使い害虫を予防、又は駆除していきましょう。

マシン油などで予防、駆除が出来ます。(機械の油ではありません)

大塚 トモノール (マシン油乳剤) 18L

価格:5,378円
(2017/12/17 22:10時点)
感想(0件)

家庭菜園など小規模な範囲で植物を育てている方は、ゴム手袋などをしてすりつぶしたり、水を勢いよく噴射させ虫を飛ばす方法もあります。

どちらにしても小まめに害虫が付いていないかを管理することが大切です。

もし、すす病が発症してしまった場合は、その部分を取り除いてしまいましょう。

広範囲に広がる事を防いでくれます。

こちらも普段から小まめな観察が大切です。

すす病にかかったみかんは食べられる?

すす病にかかったみかんは食べられます。

水で洗えば汚れている部分が落ちますので、あまりにも状態が酷くなければ食べても問題はないです。

ただ、市販されているみかんは見た目、大きさ、形が悪いなど様々な厳しいチェックをくぐり抜けたみかんが売られているので、普段私たちがすす病にかかったみかんを見ることはないのかもしれませんね。

訳あり商品として売られているみかんには、もしかしたらすす病のみかんが入っているかもしれないのでご自身の目でチェックして、必要であれば洗って食べましょう。

みかんにすす病が!その原因や対策まとめ

今回の記事は食べる側の方と言うよりかは、育てている側のための記事でしたね。

みかんにすす病の原因や対策をまとめると

  • すす病はすす病菌と言うカビが原因
  • さらにカビに餌を与えている害虫もやっかい
  • 予防策として害虫の繁殖を抑える
  • すす病にかかったらその部分を取り除く

そしてすす病にかかったみかんは基本的に食べられます。(その場合は水で洗いましょう)

もし今回の記事でみかんを栽培している方のお役に立てたのでしたら幸いです。

これからみかんを栽培してみようかと思われる方の参考になればさらに嬉しく思います。

みかんがすす病にかからないようにしっかりと対策をしてきれいなみかんを栽培してくださいね。