咳

寒くなってくる時期に食べたくなる果物の1つと言えばみかんですね。

そして寒くなってくると同時に心配なのが、乾燥による喉への負担

です。

風邪による体調不良が原因で出る咳もそうですが、乾燥による咳も大変やっかいなものです。

しかしこの咳に対して

「みかんは咳に良いから食べなさい」と言う人もいれば

「いいや、みかんは咳に悪いから食べない方がいい」と言う人もいます。

一体どっちを信用すればいいのでしょうか?

スポンサーリンク

咳が出たらみかんを食べる派

「咳が出たらみかんを食べなさい」

と、咳が出たらみかんを食べる派の意見があります。

この食べる派の意見としては、

  1. 咳が出るという事は体調が悪いという事
  2. 風邪予防にはみかんが良いので食べなさい

と言った事が理由でみかんを食べることを進めていることが多いようです。

確かにみかんは風邪の予防に良いと言われていますが、この場合はもう既に咳をしている状態なので食べるタイミングが遅い様に感じます。

出来れば咳が出る前、体調の悪化を予防する意味でみかんを食べたいですね。

みかんは咳に悪いから食べない方がいい派

「みかんを食べると咳が悪化するから食べない方がいい」

と言う意見もあります。

調べてみると、こちらの意見がどちらかと言うと多い様に思いました。

みかんを食べると咳が悪化する派の理由としては、

  1. みかんなどの柑橘類(かんきつるい)は酸味の刺激が喉に来るので控えた方がいい
  2. みかんの冷たさで喉を冷やすので食べない方がいい

と言った意見です。

確かに冷たい物を食べたり飲んだりして、体を冷やすことは良くないとされているので、喉を冷やすことも良くなさそうです。

咳の時はみかんを食べても良いの?ダメなの?一体どっちを信じればいいの!?

疑問

咳の時にみかんを食べる派、食べない派それぞれの意見がありましたが、一体どっちの意見を信じればいいの?

そんな疑問が出て来るのも当然ですね。

なので私独自の意見で申し訳ないのですが、

咳が出てきた時点で食べるのをやめる

これが咳を悪化させない安全策ではないかと思います。

もう少し詳しく説明しますと、

咳の出ていない風邪予防としてはみかんを食べる

それでも咳が出てくるなら、しばらくみかんは避ける

こんな感じでルールを決めてみてはいかがでしょうか?

もちろん人によってはみかんを食べても咳が悪化しない方もいるかと思いますので、みかんを食べても平気かどうか一度食べてみても良いかもしれませんね。

食べてみて咳が酷くなるようなら、それ以降食べるのを控えて、大丈夫そうならそのまま食べ続けてみる。

こんな感じで見極めるのもアリかと思います。

咳が出てもみかんを食べたい!

風邪予防にみかんのビタミンは魅力的です。

それなのに咳が出る事でみかんが食べられないのはもったいないですよね?

そんなときに効果的な食べ方は、

焼きみかんで温める方法です。

冷たいみかんが喉を冷やすのでしたら、みかんを焼いて温めればいいのです。

それにみかんを温めることで、喉を刺激する酸味の原因でもあるクエン酸が消費されるので、みかんの甘みが増すメリットもあります。

咳が出ても、みかんを食べたい方は一度焼きみかんを試してみてはいかがでしょうか?

参考記事:みかんを温めると栄養に驚きの変化が!これはやらなきゃ損!

みかんは咳が出てる時に食べた方がいい?食べない方がいい?まとめ

世間には色んな情報が飛び交っています。

その中で咳が出ている時にみかんを食べた方がいいのか、ダメなのかも意見が分かれています。

もしかしたら私の意見が間違っていることもあるかもしれませんが、個人差による影響も大きいので人によって感じ方は様々です。

なので今回の記事で私の出した結論は、

  1. 咳が出る前はみかんを食べる
  2. 咳が出たらみかんを食べない
  3. 咳が出ても食べたければみかんを温めて食べる(その後様子を見る)

この流れを1つの参考としてもらえれば幸いです。

咳は本当にストレスの感じる症状なので、一刻も早く収めたいですね。