皮を剥いたみかん

お気付きの方もいるかと思われますが、みかんジュースなどを飲んでいるとたまに原材料名の中に

「さのう」

と言う表記がされている時があります。

まさか頭の中の「左脳」ではないでしょうし・・・

このさのうって一体みかんで言うどこの事なのでしょうか?

次の項目でその存在をご紹介します。

スポンサーリンク

みかんの「さのう」ってどこの部分?

この「さのう」実は

みかんの果肉(つぶつぶ)の事

を言っているんですね。

普通にみかんを食べているだけだと絶対に知る事のない言葉ですね(笑)

ちなみにこの「さのう」はもう一つ呼び方もあり

「さじょう」

でも同じ意味になります。

つまり「さのう」でも「さじょう」でもどっちでも良いという事ですね。

ちなみにその「さのう」を包んでいる薄皮の事を「じょうのう」と言います。

「さのう」は漢字で書くと難しい

この「さのう」もしくは「さじょう」漢字で書くと難しいんです。

漢字で書くと

「砂瓤」

と書きます。

砂の部分は分かるにしても隣の「瓤」なんて読めないし・・・

なので書く場合は無理せず

「砂のう」もしくは「砂じょう」

と書いて置くと安心です。

更に難しい漢字はその「砂瓤(さのう)」を包んでいる薄皮の「じょうのう」

漢字で書くと

「瓤嚢」

と書きます。

うん!読めないし書けない!

もう答えを書いてしまいましたが、下の記事でもこの「じょうのう」の事を書いていますのでご覧ください。

参考記事:みかんの薄皮の名前って知ってる?皆が知らない漢字もご紹介!

みかんの「さのう」ってどこの部分?まとめ

あっさりした記事なのでまとめるほどではないのですが、もう一度簡単にまとめると

みかんの「さのう」は

  • 薄皮の中の果肉(つぶつぶ)の部分
  • 「さじょう」とも言う
  • 漢字で書くと「砂瓤」

でしたね。

知ったからと言って、この先知識として使う事があるのかどうか微妙ですが、マメ知識として話のネタにしてみてはいかがでしょうか?