冷凍みかん

みかんを購入する場合、数日で食べきれる量を買ってくるのが理想です。なのですが、

「みかんを箱ごと大量に頂いてしまった・・・」

「食べきれると思って箱買いしたけどなかなか食べきれずにたくさん余ってしまった・・・」

と言う経験をした方もいるかと思います。

「そのまま放置していると腐らせてしまうから・・・そうだ!冷凍保存して長持ちさせちゃおう!」

「でもみかんを冷凍保存するのってそのまま入れればいいのかな?」

ちょっとしたことなのですが冷凍保存の方法にこの様な疑問が出てくるかと思います。

なので今回はみかんの冷凍保存方法とその保存期間についてご紹介していきます。

スポンサーリンク

みかんを冷凍保存するにはただ冷凍庫に入れるだけ?

疑問

みかんを冷凍保存しようとした場合、「そのまま冷凍庫に入れるだけ」と思っている方も多いかもしれません。

今までその方法で冷凍保存していた方もいるかもしれませんが、このただ冷凍庫に入れるだけの方法はあまりオススメしません。

その理由として、何もせずにただ冷凍庫にみかんを入れるとみかんが乾燥してしまい、水分が抜けてパサパサなみかんになってしまいます。

キンキンに冷えたみかんが食べたいのであればこの冷凍方法でも良いですが、長期保存には向きません。

それでは気になるみかんの正しい冷凍保存方法をこれからご紹介していきます。

みかんの正しい冷凍保存方法

みかんを長期に冷凍保存する場合のポイントは「乾燥させない事」です。

それでは手順にそって説明していきます。

【手順1:みかんを洗い水気を拭き取る】
まず冷凍保存するみかんを水で洗い水分をキレイに拭き取りましょう。

この時みかんに傷がや痛みがないかチェックすることを忘れずに。

傷や痛みのあるみかんは長期保存にむかないので、食べるかひどい場合は捨てることも必要です。

【手順2:みかんを冷凍庫に入れて冷凍させる】
洗って水気を拭いたみかんを冷凍庫に入れて一度冷凍させます。

みかんを冷凍庫に入れる時、ラップを敷くか金属トレーの上にみかんを置きます。

金属トレーに置く事でみかんが急速に冷凍されます。

金属トレーがない場合は、皿の上にアルミホイルを敷いて代用もできます。

【手順3:水を冷蔵庫または冷凍庫で冷やす】
みかんを冷凍庫に入れている間に、ボールや茶わんなどに水を入れ冷やしておきます。

次の工程でも説明しますが、冷凍させているみかんを一度水でくぐらせるためです。

冷蔵庫で水を冷やしてもいいのですが、上手に冷凍みかんを作る場合は

凍るギリギリ手前の水を作りましょう。

完全に凍ってしまうと水でくぐらせられないので、凍る手前で冷凍庫から取り出すのがポイントです。

冷凍庫の温度にもよりますが、大体30分くらいで凍り始めるようです。

【手順4:冷凍したみかんを取り出し水にくぐらせる】
みかんが完全に冷凍されたら、先ほどの手順で説明した水にみかんをサッとくぐらせます。

冷凍されたみかんに水をくぐらせることで、表面に薄い氷の膜ができるはずです。

この氷の膜がみかんの乾燥を防ぐ役割を果たすので、みかんの冷凍保存はこれが一番重要なポイントです。

【手順5:もう一度冷凍庫に入れて冷凍保存完了!】
最後に水にくぐらせたみかんをもう一度冷凍庫に入れればみかんの冷凍保存は完了です。

その際ラップに包んだり、ビニール袋などに入れて保存しておきましょう。

文字だけでは想像しにくいかと思いますので動画も載せておきます。

参考にしてみてくださいね。

おもちゃで簡単に冷凍みかんが作れちゃう!?

みかんを冷凍保存する方法は上記で説明した通りの方法でできますが、実はおもちゃで有名なタカラトミーアーツさんから冷凍みかんが作れるおもちゃも販売しています。

その名も「おかしなみかん 簡単冷凍みかん

おかしなみかん かんたん冷凍みかん | 誕生日プレゼント ギフト おもちゃ | 入学 入園 卒業 卒園 お祝い

価格:625円
(2018/3/31 22:22時点)
感想(0件)

このおもちゃを使っての冷凍みかんの作り方は、基本的に上記で説明した方法と同じです。

ですが、お子様と一緒に冷凍みかんを作るにはこういったものを使うと楽しくできそうですね。

使い方は動画で説明していますのであわせてご覧ください。

みかんの冷凍保存期間はいつまで?

みかんを冷凍保存すれば、常温で保存しているよりも長く保存させることができます。

その保存期間は大体ですが2ヶ月くらいまでを目安にしましょう。

2ヶ月以上保存することも可能ですが、いくら冷凍しているからと言っても保存する期間が長ければ長いほどみかんの味が落ちていきます。

味はそこまで気にしないと言う方であればもう少し長く保存してもいいのかもしれませんが、おいしく召しあがるためにも大体2ヶ月くらいまでを目安に食べてしまいましょう。

冷凍みかんの食べ方は?

冷凍されたみかんを冷凍庫から取り出しても、当然カチカチに凍っているのですぐには食べられません。

しばらく自然解凍させましょう。

完全に解凍させるのではなく、オススメはみかんの表面が溶け出して中身の果実がシャリシャリのシャーベット状になったころです。

学校給食で食べたあの冷凍みかんの記憶がよみがえります(笑)

自然に解凍するまで待てない方は、お湯にサッとくぐらせる事で解凍の時間を短縮できます。

みかんの冷凍保存はただ冷凍庫に入れるだけではダメ?正しい保存方法と保存期間とは?まとめ

今回はみかんの保存期間をもっと伸ばせる冷凍保存の方法をご紹介しました。

もう一度簡単に手順を振り返ると

  1. 一度そのまま冷凍させる
  2. 冷凍したら取り出し水にくぐらせる
  3. もう一度冷凍庫へ入れて完了

これだけで上手に冷凍保存できます。

保存期間は大体2ヶ月くらいを目安に食べてしまいましょう。

ちなみに常温で保存した場合の保存期間は2週間くらいなので、食べるのにそれ以上かかるようであれば、冷凍保存するのも一つの手ですね。

常温で保存する場合にもしっかりとした保存方法じゃないとすぐに痛んでしまいます。

常温での詳しい保存方法は過去に記事がありますので、こちらもご覧ください。

関連記事:みかんは日持ちしない果物?少しでも長く持たせるための工夫とは?